ワーママさとちゃんの子育てサポートブログ

ママ&ワーママになる方へ伝えたいこと。ハンデを持つこどもと歩む子育てブログ☆。

自粛生活で一番成長したのは長女かもしれない

こんにちは、さとちゃんです。

今回はこの自粛生活で一番成長したのは、長女かもしれない、と思った話です。

3か月の登園自粛

3月の初めごろからおよそ3か月間、長女の保育園登園自粛は突然に始まりました。

”明日から”という、何とも突然に。

3歳ながらにして、「コロナウイルスが流行っているから、お休み」であることや、「コロナウイルスでいろんなところ(街や国や)が大変なことになっている」ことは理解はしているようでしたが。

 

とはいえ、大好きな保育園に明日からいけない。

しかもいつまでか分からない。

長女が狂ってしまうのでは?と少し心配しましたが、そんな心配を他所に”突然の大変化”によく順応しました。

療育に通っていたころは、とにかく「突然の&予期せぬこと」になると、手が付けられないことになっていたのに。

しかも、0歳の次女がいるので、家にいるとどうしても妹のお世話ばかりしているお母さんを見なければなりません。

辛かっただろうな・・・。

始めの1か月くらいは、自分もかまってほしいため、ものすごく困らせてくれました(笑)

 2つ記事にも書いていますが、本当によくイライラしているお母さんでした。

www.satomama-support.com

www.satomama-support.com

 

ちび母さん

f:id:satomama67:20200521112535j:plain

毎日毎日日中はお母さんと妹と過ごし、1時間ばかり公園へ行く生活。

それはそれで楽しいけれど、常に時間の中心は赤ちゃんの次女だったので、よく付き合ってくれたなと思います。

ありがとう。

 

また、毎日私がしている家事やお世話を少しづつしてくれるようにもなりました^^

母親って常によく見られていますね。

喋り方やしぐさ・・・気を付けます(笑)

 

お手伝いは本当に助かるときもあるけれど、それはたまにであって結構大変なことになる場合も多々あります。

完璧にはまだできないし、時間がかかるので単純にとても助かる!とは言えません。

「お願いだからやめて~!!!」なんて時もたくさんあります。

しかし、それでも娘のその思いは受け止めてあげないとね。

毎日の私の姿を見て長女が何かを感じ、行動したわけだから。

このごろは「ちび母さん」と呼ばれることが嬉しいようで、「はーい!」と返事をしてくれます(笑)

 

ありがとう。お母さんはあなたが頼もしいです。

 

新しい日常

地方はようやく学校が再開し始め、少しづつ日常を取り戻しているように感じます。

”前の日常”とは異なり、新しい生活様式を取り入れた生活ですが・・・。

何か月か経てば、これも”普通”になってくるのでしょうね、きっと。

マスクでの外出も、少人数での買い物も、3密にならない飲食も。

 

長女の保育園も再開しました。

感染のリスクを減らすため、マスク着用や一人ずつ離れて座ることのようです。

もしかしたら、大好きな歌も歌わないし、友達とのおしゃべりも控えるようになるのかな?

 

本当に様々なことがこの数か月で大変化しましたね。

大人はどこか”前”や”過去”にとらわれて、あたらいいことを煩わしく感じたり、受け入れることに躊躇し、「ああ、前に戻りたい」と嘆きます。

でも、こどもは新しいものが好きだからなのか、見ている方向が”先”であり”未来”ですね。

受け入れて過ごしていかなければならないこと、そしてそのなかで楽しむことを長女が教えてくれたように思います。

 

大切なことを気づかせてくれて、ありがとう。

この3か月、一番成長したのは長女かもしれない。