ワーママさとちゃんの子育てサポートブログ

ママ&ワーママになる方へ伝えたいこと。ハンデを持つこどもと歩む子育てブログ☆。

「二人目は可愛い」は本当か?

こんにちは、さとちゃんです。

私が二人目を産んでから、よく考えることがあります。

それは「二人目は可愛い」は本当なのか?ということ。

今回はこのことについて、書いてみようと思います^^

 

どこかで聞いた「二人目は可愛い」

みなさんはどこかで聞いたことがあるでしょうか?

私も誰から聞いたというわけではないけれど知っています、この言葉。

いつからかは分からないけれど、高校生か大学生のころには聞いたことがあったと思います。

”一人目”の私にとって、当時この言葉は「やっぱりね、感じるもん・・・」という、何か親の態度の差を見事にすっきりと表現した言葉でした。

まだ親ではない私にとっては、少々嫌だった言葉です。

”一人目より”という比較する言葉はないけれど・・・

 

二人目を産んでどうか?

f:id:satomama67:20200509234925j:plain

ズバリ、私の中ではこの言葉は本当です。

自分が嫌だった言葉が本当だって、もう笑ってしまいます^^

 

でも、単純に今の長女と次女を比べているわけでもなく、赤ちゃんだった長女と現在赤ちゃんの次女の容姿やしぐさを比較して言っているのではありません。

じゃあ、どういうことか?

 

「二人目を育てるときは可愛いと感じる余裕がある」ということです。

長女のときは必至すぎて、赤ちゃんの可愛さにどっぷり浸かる余裕がなかったです。

ああ・・・なんてもったいないことでしょう。

時計の針を戻せるなら、あの時の自分に言ってやりたい。

「お世話、ほどほどにね。」と。

 

離乳食一つにしても、離乳食本を読み、メニューと栄養バランスを考え、手作りに励み、量は匙で測り、そして食べなかったら反省するという・・・

何もかもが初めてで、ネットは情報があふれかえっているし、本通りにもならないし。

よくやってたな、私。

 

次女を育てる今なんて、大体のことを大体で済ませてしまっています。

長女の時の育児の感覚があるから”大体”が分かるけれど、一人目でこれができたかというと難しいです。

 

一人目を育てているお母さん、キュンキュン胸が痛いほどに可愛いと感じることが出来ていますか?

長女のときは可愛いのは可愛いけれど、そこまでじゃなかったな。

二人目にしてこのことに気付けて良かったです。

 

ずっと「二人目は可愛い」なのか?

可愛いと思える余裕が二人目育児にあるのなら、永久に「二人目は可愛い」のでしょうか?

私は今の時点ではずっと続くものではないように思います。

怪獣へと進化するイヤイヤ期をもって、キュンキュンする可愛さは終了すると思うからです。

イヤイヤ期に余裕なんて感じる暇ないですから!!

赤ちゃんに限って言える言葉じゃないでしょうか??

 

いや、ずっと続き「イヤイヤ期も可愛い~^^」と思えるなら、それはそれでとても幸せなことです!!!(笑)

むしろそうなってみたいな~。

 

ちなみに三人目は孫のように可愛いと言うそうですよ^^

 

 よかったらこちらの記事もどうぞ~^^

www.satomama-support.com

www.satomama-support.com