ワーママさとちゃんの子育てサポートブログ

ママ&ワーママになる方へ伝えたいこと。ハンデを持つこどもと歩む子育てブログ☆。

緊急事態宣言のなか、大学病院へ行くときに気を付けたこと

こんにちは、さとちゃんです。

緊急事態宣言、、、ついに全国に出されましたね。

私の住んでいるところも例外ではなくなりました。

しかし、心疾患+αの次女はそんな中でも大学病院へ通院しなければなりません。

今回は私が気を付けたこと、こうした方がいいよ!などを書こうと思います。

これから大きな病院の受診が予定されている方の参考になれたら^^

ちなみに、私が住んでいるところは地方であり、新型コロナの感染者は全国の中では少ない方に入ります。

2人/3日感染者が出る程度です。

とはいえ、県庁所在地に住んでおり、通院している大学病院は約4,000人/日の通院患者がいます。

小児循環器は有名なため、近隣の県からも大勢通院されています。

このことを踏まえて、参考にしてみてください!

 

予約通り受診する?

予約の延期を考える場合は、まず大学病院へ電話してしてみるといいです。

担当の医師が、病状を踏まえて判断してくれます。

延期してもよいか、いや今より事態が悪化していると判断し、今のうちに受診するよう言われるか、少なくとも医師でない親よりは適切な判断がしてもらえると思います。

 

次女の場合今回の4月の受診は3月に予定していた受診を延期するよう、主治医から指示があったためのものでした。

結果的に3月より4月の方が感染拡大しており、事態はよくない中での受診となりましたが・・・

でもこれ以上延期したところで、より自体が悪くなっているかもしれませんし、娘の状態を診てもらえないというリスクも出てくるので、このような中で受診しました。

 

受診者は大幅減

f:id:satomama67:20200420155554j:plain

次女が通院している大学病院は以前は約4,000人/日の通院患者がいます。

小児科なんて1日がかりの大仕事です。

で、4月のこの時期は・・・?

約2,700人/日でした。←玄関に毎回その日の人数を掲示しています!

非常に少ない!!

 

駐車場の待ちもなく、建物内の人も明らかに少ないし、小児科のエリアにいる人数なんて3組です。

これなら社会的距離(傘2本分の2メートル)も保てます!

待っている間、小児科の受付職員の方は受診の延期お願いの電話をひたすらかけていました。

リスクを減らすため、来院患者の調整を徹底的に行ってくれていました。

だって、重篤化する可能性が高いのに通院しなければならないんです。。

待ち時間も30分程度で、過去最短の滞在時間でした。

ありがたいことです^^

 

不特定多数の方が触るものを触る場合が非常に多い

大学病院に限らないですが、自分の行動を改めて意識すると、不特定多数の方が触ったものを触ることが非常に多いです。

≪通院中に該当したもの≫

・駐車券の発見ボタン

・入口のドア

・予約受付機のタッチパネル

・受付のテーブル

・エレベーターのボタン

・受付のボールペン

・トイレのドアノブ

・会計機のタッチパネル

・駐車代精算機のボタン

・お金

 

書き出すと、もうどこでウイルスをもらっていてもおかしくないように思います。

もちろん入口玄関でアルコール消毒は行いますが・・・

 

で、極力ボタンやタッチパネルは指先で押さず、ノックするようにして第2関節で押したり、体でドアを開けたりしました。

また、娘の期限が良かったので、あやすときなどなるべく顔や手を触らないようにしました。

 

昼食をとる場合に注意

今回は滞在時間が非常に短かったので、院内で昼食をとることはなかったのですが、普段なら一日仕事なので院内のカフェやコンビニで買って食べます。

このように院内で昼食をとる可能性がある場合は、気を付けた方がいいと思えることが3つあります。

 

☆一つ目☆

病院HPで院内レストラン、カフェ、売店等が開いているか確認する。

実際、院内レストランとカフェは開いていませんでした。

感染拡大のため臨時休業です。

売店は開いていました。

なので、この場合テーブルのある席で座ってゆっくり昼食をとることは不可能です。

子どもと一緒に昼食を取らなければならない場合は、何か簡単に食べられるものをもっていった方がよいかもしれません。

 

☆二つ目☆

売店やコンビニのみ営業の場合は、棚が空っぽの場合がある。

院内レストランやカフェが閉まっている場合、みんなが昼食を求めてコンビニや売店に行きます。

お昼時の店内は人であふれ、お昼過ぎたら棚は空っぽです。

実際12:30ごろ1か所しかないコンビニによりましたが、昼食として選べるものがあまりなかったです。

やはり、何か食べるものを持て行った方が良いです。

 

☆三つ目☆

サンドイッチはやめておこう

手軽に食べることができるものとしてサンドイッチがありますが、私はお勧めしません。

なぜなら、食事前に手を洗うとはいえ、不特定多数の方が触ったものを触った手でパンを直接もって食べるからです。

この点からおにぎりか、袋を持ったまま食べられるパンが良いかと思います。

 

3つほど気を付けるとよいことを書きましたが、結論をいうと「おにぎりを作って1個ずつラップにくるんで持っていく」とよいと思います。

子どもも昼食をとるならおさらです!!!!!

 

まとめ

このような非常事態宣言のさなかでも、避けられない受診はあります。

子どもの健康を守るために、危険な場所へ行かないといけないこともあります。

通院を迷われている方、大学病院が今どんな感じなのかなど、病気を持つ親御さんは不安だと思います。

もちろん住んでいる地域や子供の状態、受診する病院がどのような病院かによって状況は異なりますが、、、

少しでもどなたかの参考になると嬉しいです^^

 

よかったらこちらもどうぞ^^

www.satomama-support.com