ワーママさとちゃんの子育てサポートブログ

ママ&ワーママになる方へ伝えたいこと。ハンデを持つこどもと歩む子育てブログ☆。

赤ちゃんを連れて大学病院へ行くのと、こども二人連れて療育医療センターへ行くのはどちらが大変か?

こんにちは、里ちゃんです。

毎月0歳の次女を連れて大学病院へ、3ヶ月に1回3歳の長女と次女を連れて療育医療センターへ行きます。

長女は歩くことができ、次女はベビーカーでの移動です。

 

さて、どちらが大変でしょうか?

 

今回はこのお話をしたいと思います。

 

こどもたちの病気についてはこちらに書いていますので、よかったらどうぞ!

www.satomama-support.com

 

それぞれどんな場所?

f:id:satomama67:20200206225705j:plain

どちらも県内では大きな医療機関で、それぞれの分野で大きな役割をしています。

どういった場所であるか、少し紹介します。

 

大学病院

通っている大学病院は、改築したりあとからバリアフリー工事をした、少々古い建物です。

※大学病院がすべてこうではありませんので!

 

・駐車場から建物までは遠く、屋根はない。

・バリアフリートイレ&おむつ替えシートは小児科のところ1箇所のみ。

・予約制であっても、待ち時間が長い。

・玄関からあらゆるところが開き戸。

 

通院患者は一日当たり約3000~4000人で、多くの方が高度な医療を必要としています。

しかし、患者さんの多くはパッと見て病気の重さや障害が分かる方は少ないように思います。

きっと本当はヘルプマーク付けて、手伝ってほしい人も多いんじゃないかな?

病院というよりは会社かのような、何かせかせかした感じがあります。

 

療育医療センター

療育医療センターは70~80%の方が車椅子の患者さんのように思います。

基本的には親御さんが車で連れてきています。

建物はこれぞバリアフリーの完成形?って感じで新しいです。

 

・駐車場は屋根付き。

・扉は自動ドアか引き戸。

・トイレは子供用の様式トイレまである完全バリアフリー。

・診察時間は完全予約制。(ほぼ時間通り)

・建物内での上下移動はあっても、建物の棟をまたぐ移動はなし。

 

大変さは連れて行くこどもの数ではない

ズバリ、こどもを連れていくには圧倒的に医療センターの方が楽なんです。

母親だけで、こどもを二人連れて行くとしても。

 

我が家は3歳と0歳の二人なので、性別や年齢によって大変な要素もそれぞれ違うとは思いますが・・・。

 

理由は二つあります。

1.徹底されたバリアフリーであること。

2.ちょっと手を貸すことに慣れている人が多いこと。

 

徹底されたバリアフリー

0歳の赤ちゃんを病院へ連れて行く場合、車からは基本的にベビーカーです。

動きづらさは車椅子と似ていると思います。

 

数センチの段差や開き戸には、ことごとく困ります。

雨の日は屋根があるところに車が停められることが、どんなにありがたいか。

 

車椅子の方がたくさん来るところとあらかじめ分かっているから、医療センターはここまで完全なバリアフリーなんだと思います。

 

世の中のあらゆる場所が、こんなふうにバリアフリー化されると、障がいがある人はもちろん、赤ちゃんを連れた人にもずいぶん優しくなるのにな~。

 

 ちょっと手を貸すことに慣れている人が多い

療育医療センターに来る親御さんは、我が子に何らかの障がいがある場合が多いです。

そのため、今目の前で困っている人や、手伝ってほしい人に対して、スッとお互い助け合います。

 

『大丈夫?』とか『何か手伝いましょうか?』とか聞くことなくスッと。

ビックリするくらい自然に。

 

手伝うことにためらいがない方がとても多いです。

もちろん障害がある人へも、ない人へも。

 

ちょっと次女を見てもらっていたり、長女が落としたものを拾ってくれたり、荷物を持ってくれたり、、、色々手伝ってもらいました。

 

なんと言うか、『手伝ってあげる』ではなく、『困っていたらちょっと手を貸す』という温かいものなんです。

 

きっと障がいがある我が子を育てる環境の中で、自然とそうなったんだろうなと思います。

 

優しい社会に必要なもの

障がい者(もちろん目に見えない障がいも)に優しい社会ってベビーカーの赤ちゃんにとっても、健常者にとっても優しい場合が多いんじゃないかなと思います。

 

それには物理的にバリアフリーであることはもちろんのこと。

 

加えて、多くの人がためらいなく目の前にいる困っている人にちょっと手を貸してあげることが出来たら、なんてステキになるんだろうと思います。

 

私もそんな人になりたいなと思います。

そしてこどもたちも、身近な病気や障がいを通して色々考えてほしいなと思います^^