ワーママさとちゃんの子育てサポートブログ

ママ&ワーママになる方へ伝えたいこと。ハンデを持つこどもと歩む子育てブログ☆。

スイミングとハンデ~脳室周囲白室軟化症

こんにちは、さとちゃんです。

今回は、ハンデを持っている長女がベビーの頃からスイミングに通っていてよかったことをお話しします。

長女のハンデについてはこちらの記事で書いていますので、よかったら読んでみてください。

www.satomama-support.com

 

始めようと思ったきっかけ

f:id:satomama67:20200129151145j:plain

娘がスイミングと出会ったのは、生後6ヵ月の頃です。

まだハンデがあることは分かっていない頃です。

 

私自身が人生の半分くらいは水の中で過ごしたんじゃないかと思うくらいスイミング漬けの生活をしていたので、産後は絶対娘とベビースイミングデビューしようと決めていました。

家から歩いていける距離にスイミングスクールがあったので、もうやるしかないです(笑)

 

水の中は抱っこしても軽く、そして赤ちゃんの娘にとっても産後の私にとっても、適度な運動でよかったです。

 

よかったこと①「自由に動ける」~歩けるようになるまで

水を怖がらないためお風呂が楽になる、スイミングの日はよく寝てくれるといった一般的なことはもちろんありましたが、ここでは脳室周囲白室軟化症というハンデを持つ娘にとってよかったことをお話しします。

 

1歳から1歳半なら普通なら歩くことができ、自分から興味があるところへ行って自由に遊ぶことができます。

しかし、娘の場合は立つことも歩くこともできなかったので、公園へ連れていっても出来ることがありませんでした。

 

体力や興味はあるのに、歩けないというだけで、行きたいところへ自分では行くことが難しいのです。

 

室内なら膝歩きである程度自分で動けていましたが、屋外はもっぱら…。

 

その点、スイミングはよかったです。

 

水の中ではアームヘルパーや腰につけるヘルパーをしていれば、娘は自分の行きたいところへ一輪車を漕ぐようにして行っていました。

 

もちろん水の中でも、抱っこしたりおんぶしたりして遊びますが、娘の行きたいところへ自由に動けるというのがなんといってもよかったです。

 

歩けないことから解放され、他の子供と同じように遊ぶことができました。

ちなみに、水の中での娘の足首から先にかけてはより一層力が入って硬直していました。

 

水の中は浮力はありますが、それでも立っちはとても無理な状態でした。

 

この時期一番よかったことは、歩けなくてもスイミングでは全身を動かすことが出来たことです。

 

よかったこと②「怪我が少ない」~歩けるようになってから

娘はリハビリを頑張り、およそ1歳7ヵ月で歩けるようになりました。

 

歩けるようになったとはいえ、苦手なことや出来ないことはあります。

バランス系はとても苦手です。

 

つまり、よく転け、その分怪我をするリスクがあります。

擦り傷や打撲程度なら良いのですが、捻挫や骨折となるとそのリスクは減らしてあげたいものです。

 

しかし、だからといって身体を動かさないと苦手なこともできるようにもなりません。

こちらの記事に現在(3歳2か月)の足の状態を詳しく書いているので、よかったらどうぞ!

www.satomama-support.com

 

スイミングは私自身長年やっていて思うことは、他の運動に比べてとても怪我をすることが少ないです。

娘にとっても非常にそこがよいところです。

 

バランスを取ることが難しいので、娘はジャンプの着地でぐらつきます。

ただし、プールサイドからのジャンプは超ダイナミックに決めます!

着地がないから!

陸上でプールと同じようにダイナミックなジャンプをすると、間違いなく捻挫するくらいです。

(娘はよく分かっているのでしませんが(笑))

つまり、蹴る力は普通にあるんですよ。

 

また、腰にヘルパーをつけてなにも持たず、12,5メートルほど一輪車を漕ぐ動きで進みます。

バランスを全身でとらないとその姿勢を保てません。

娘は水の中では浮力の助けを借り、バランスをとってヘルパーだけで垂直に浮いていられます。

 

もし、陸上で全身を使ってバランスを取る運動なんてやるなら、やる前に転けてしまうでしょう。

 

でも、スイミングなら転けるリスクを減らしてバランス運動も出来ます。

 

そして娘はベビースイミングの頃からやっていたので、少し得意気です。

陸上では少々運動が苦手な娘でも、スイミングは『出来る』『楽しい』という気持ちを感じていることが、親としてはとても嬉しいところでもあります。

 

まとめ

娘の場合は、ハンデが分かる前からスイミングへ通っていましたが、結果とてもよかったです。

足が不自由でも全身運動ができ、そして何より怪我が少ないことが!

洗濯ものと着替えは少々大変ですけどね^^

ひとつデメリットを言うなら、2歳までは何かとよくプールで風邪をもらっていたことくらいです。

もし、同じような状況のお子さんがいるなら、おすすめと思います^^