ワーママさとちゃんの子育てサポートブログ

ママ&ワーママになる方へ伝えたいこと。ハンデを持つこどもと歩む子育てブログ☆。

裁縫苦手プレママ&ママにオススメのミシン

こんにちは、さとちゃんです。

今回は、裁縫が苦手だけど、赤ちゃん用品や入園グッズを作るために、ミシンを購入しようと考えている方に、ミシン選びのコツについて、お話します!

 

ミシンは買う?借りる?

f:id:satomama67:20191227000408j:plain

赤ちゃんの服や肌着、また幼稚園や保育園の入園グッズを作ろうとすると、やはり手縫いより、早く頑丈に縫えるミシンが必要となってきます。

ただし、必ずしもミシンの購入は必要ありません。

 

最近では、手芸店でミシンのレンタルやその場で貸して縫わせてくれるところも多いからです。

それぞれの金額ですが、レンタルで数日借りると安いミシンを買うのと同じくらいの金額になり、手芸店で縫わせてくれる場合だと、1時間500円ほどで借りることができます。

ワンコインでミシンが店頭で借りれるのは、とても魅力的ですが、なにせ小さな子供を一緒に連れていき、その場で縫うのはちょっと無理です。

おまけに、サクッ縫える自信はゼロに等しいです(笑)

 

では、レンタルか購入か、、、となるのですが、

ゆくゆく小学生くらいに子供がなった時に、雑巾ぐらいは縫えてほしいこと、

そして苦手意識をなくし、ミシンに触れてほしいので、レンタルではなく購入しようと決めました。

 

電子ミシン?それともコンピューターミシン?

いざミシン売り場へ行くと、様々なミシンがあり、選ぶ基準が全く素人には分かりませんでした。

値段も1万円弱~10万円近いものまでさまざまなのです。

コンピューターミシンに電子ミシン・・・なんなん?これ?

明らかに金額でみると、コンピューターミシン>電子ミシンです。

しかも店員さんは裁縫大好き&ベテラン感満載の方で、やたら高いコンピューターミシンを勧めてきます。

要するに、コンピューターミシンのメリットはこうだと!

・糸調節を自動でしてくれる

・縫い目がきれい

・飾り縫いができる

・液晶パネルがあるので、操作が分かりやすい

 

でも、私にとって重要なポイントはこうなんです。

・値段が安い

・直線とジグザグ(布の端がほつれない様にするため)縫いができたらよい。

・フットコントローラーがついている

求めているものが、明らかに違うんです!!!!

ボタン付けもためらうほど、裁縫が苦手な私はコンピューターミシンを使いこなせそうにありません。

1万円程度のものでさえ、元が取れるほど使うのでしょうか?

結局、私は店員さんの強いおすすめを押し切って、12,000円程度の電子ミシンを購入しました。

 

SINGER SN773 電子ミシンです。

シンプルでしょ??


f:id:satomama67:20191226234629j:image

 

使い心地は??

保育園の入園も迫っていたので、さっそく通園グッズを縫いました。

うん、このミシンで正解!!!!

裁縫が苦手な方ほど、次の理由をミシン選びの時に重要視してほしいです。

 

理由その1 糸調節は結局触らなかった

通園グッズ程度の縫物であれば、極端に薄い布や分厚い布で縫いません。

よって糸調節を”ふつう”(私が購入したミシンでいうと4というメモリ)から動かさなくても、きれいに縫えます。

なので、コンピューターミシンの自動糸調節機能はそもそも不要です。

苦手な人にとっては、糸調節なんて自分でできるかな??と思いますが、実は上級者ほど色々生地で作るため、必要な機能だと思います。

 

理由その2 直線縫いとジグザグ縫いができたら十分

通園グッズ程度を作る場合、布のほつれが出ないよう、端をジグザグでかがります。

そして、直線で布と布を縫い合わせます。

手提げかばんにしろ、コップ入れにしろ、上靴入れにしろ、すべて直線で縫えばよいものばかりなのです。

カーブさえありません。

つまり、苦手な人ほど、飾り縫いなんてしないんです。

何十種類もの飾り縫いができたり、刺繍ができるコンピューターミシンの機能は一見魅力的に思えますが、使うかどうかよく考えて選ぶポイントです。

 

理由その3 フットコントローラーは必須

フットコントローラーとは車のアクセルのように、ミシンの縫うスピード調節を足で行うためのものです。(写真ではセットしていないので、映っていません)

このコントローラーは、ミシンの値段が高いから付いているというものでもなく、またコンピューターミシン、電子ミシンに関係なく付いていたり、付いていなかったり様々です。

苦手な人ほど、手は縫う方に取られますので、必ずフットコントローラが付いているものを選ぶとよいです。

 

どんなものまで縫える?

ボタン付けさえも億劫だった私が、通園グッズ作りをきっかけに裁縫に興味が持て、結局、簡単な子供服を作るまでにハマってしまいました。

ワンピース、ズボン、チュニック、最近では甚平も作りました。

すべて、この安い電子ミシンで!!!

困ることは、何もありませんでした^^

糸調節も4→3に動かす程度で、自動だったらな。。と思うことは一度もありませんでした。

機能が最低限でシンプルなだけに、とても使いやすいです。

 

最後に

ミシンの使い方がそもそも難しいと、使うことが億劫になります。

ぜひ、どのようなものを縫うのか?それに必要な機能はどれか?をよく考えて、使いやすいミシンを選んでください。

そして、下手でもいいです!

頑張って、愛情のこもった世界に一つだけのものを縫ってください^^

 

☆参考まで☆

手芸店で布を購入すると、作り方のレシピをもらえることが多いですが、今一度サイズを確認してから作り始めてください。

通園バッグを作る際、幼稚園や保育園の規定サイズがなければ、ぜひ自由画帳が余裕で入る大きさで作ることをお勧めします。

完成サイズを、縦30cm×横40cmで作ると余裕があります。

 

ブログ村に参加しています。 

にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村 にほんブログ村 マタニティーブログ 出産準備へ
にほんブログ村