ワーママさとちゃんの子育てサポートブログ

ママ&ワーママになる方へ伝えたいこと。ハンデを持つこどもと歩む子育てブログ☆。

長女が次女に超される日~ハンデのある姉妹

こんにちは、さとちゃんです。 保育園が新型コロナウイルスによって、登園自粛となりはや一ヶ月。 じっくりおうちで過ごす毎日のなかで、ふと思ったこと。 それは、『長女が次女に超される日が来てしまうのではないか?』ということです。

もうすぐ出産の方へ何と声を掛けますか?

こんにちは、さとちゃんです。 3月21日は世界ダウン症デーにちなんで、1冊の本を読みました。 娘たちにハンデがあるので、以前より福祉に関心が向くようになった気がします。 少しづつ親の私も成長しているといいな^^ 今回は、もうすぐ出産の方へ何と…

3歳の娘が嘘をたくさんついて困ったときに読んだ本

こんにちは、さとちゃんです。 コロナウイルス感染拡大防止のため保育園を休み、みっちり長女(3歳)と過ごすようになってから「娘の嘘」と戦う日々が始まりました。 予想外でした。。 困り果てた私を1冊の本が助けてくれたので紹介します^^

フラッシュ撮影が苦手な娘とクラス写真

こんにちは、さとちゃんです。 先日、娘が保育園のクラスっ写真を持って帰ってきました。 事前に担任の先生から聞いてはいたものの、写真の端で娘だけ先生に抱っこされている写真を持って帰ってきたら、どう反応しますか?

育てにくくないですか?から始まった療育

こんにちは、さとちゃんです。 今回は長女が療育を始めるきっかけとなったお話です。 これまでの足のお話はこちらに詳しく書いてあるので、よかったらどうぞ! www.satomama-support.com 育てにくくないですか? 足のリハビリが卒業間近となったころ(1歳1…

歩ける喜び~脳室周囲白質軟化症

こんにちは、さとちゃんです。 今回はハンデのある長女がリハビリに奮闘して、歩けるようになったお話をしたいと思います。 あれ?と思い始め、リハビリまでたどり着いたお話はこちらに書いていますので、よろしければどうぞ^^ www.satomama-support.com

リハビリからの初めてのたっち~脳室周囲白質軟化症

こんにちは、さとちゃんです。 今回は長女がリハビリを始めて4か月目にさしかかろうとしたころ、初めてかかとを着いてたっちしたお話です。 これまでのお話はこちらに書いていますので、よかったらどうぞ^^ www.satomama-support.com

リハビリするもかかとが着けない娘~脳室周囲白質軟化症

こんにちは、さとちゃんです。 今回はリハビリに励むものの、なかなかかかとが着けない娘の話です。

赤ちゃんを連れて大学病院へ行くのと、こども二人連れて療育医療センターへ行くのはどちらが大変か?

こんにちは、里ちゃんです。 毎月0歳の次女を連れて大学病院へ、3ヶ月に1回3歳の長女と次女を連れて療育医療センターへ行きます。 長女は歩くことができ、次女はベビーカーでの移動です。 さて、どちらが大変でしょうか? 今回はこのお話をしたいと思います…

ミルクもいいじゃない!

こんにちは、さとちゃんです! 今回は母乳が思うように出ず悩んでいるお母さんへ、私の思いを伝えたいので書こうと思います。 いや、ほんとのところは、最近母乳がめっきりでなくなっている自分へ言い聞かせたいのかもしれません(笑) 二人目の母乳の現状 …

スイミングとハンデ~脳室周囲白室軟化症

こんにちは、さとちゃんです。 今回は、ハンデを持っている長女がベビーの頃からスイミングに通っていてよかったことをお話しします。 長女のハンデについてはこちらの記事で書いていますので、よかったら読んでみてください。 www.satomama-support.com

リハビリを乗り越えた長女(3歳)の足はどんな状態?~脳室周囲白質軟化症

こんにちは、さとちゃんです。 先日は約4か月ぶりに、長女の療育へ行って来ました。自閉症スペクトラムの疑いがまだ少しあるからです。 足のリハビリは歩けるようになった時点で、一旦終了したので今は行っていません。 3歳2ヵ月で娘の足は今どんな状態なの…

つま先立ちでしか立てない赤ちゃんだった娘~脳室周囲白質軟化症が分かるまで②

こんにちは、さとちゃんです。 今回は長女が脳室周囲白質軟化症という脳性麻痺と分かるまでの話その②です。 つま先立ちしかできない異変から、かかりつけ医に紹介状をもらうところまでは、 下記の記事でご覧ください。 www.satomama-support.com

つま先立ちでしか立てない赤ちゃんだった娘~脳室周囲白質軟化症が分かるまで①

こんにちは、さとちゃんです。 今回は、長女が脳室周囲白質軟化症と分かるまで、半年以上かかったお話です。 少々長いので2回に分けて書こうと思います。 もし、お子さんの発達が気になる方は、この症状を参考にしてみてください。

こどもやお腹の赤ちゃんに、障がいや病気が分かったお母さんへ

こんにちは、さとちゃんです。 今回は、可愛い我が子や、まだお腹にいる赤ちゃんに、障がいや病気が分かったお母さんへ伝えたい、私の思いを書きます。